2005年06月08日

膝蓋骨脱臼の手術

膝蓋骨脱臼の手術はなかなか大変です。

まず、膝の関節部分を切開し、骨の溝を深く削ります。

削る深さは、その犬の元々の溝の具合にもよりますが、
執刀医の先生曰く、マリンの場合はその溝が
「すごーーく浅かったので結構削りました。」との事。
DSC00591.JPG

そして、外れている膝蓋骨をより正常な位置(膝中央部)に
戻す処置をします。
膝蓋骨を支える上下左右の筋を縫い縮めたり、テンションを
加えた状態で、筋をピンで骨に固定します。
筋に、ある程度の引っ張りが加えられているので、
より外れにくくなります。
DSC00592.JPG

検査等があるため、手術前日は早めに食事を取らせ、
当日は朝から絶食させます。(水はOKでした。)
病院にて問診、血液検査などが行われます。
(レントゲンも撮るみたいですが、マリンは以前から
 脱臼の治療をしており、レントゲンも撮影済みだったので
 当日は撮影しませんでした。)

手術は1日で終わり、大体1時間半〜2時間くらいです。
病院によっても異なりますが、1日〜1週間入院します。
マリンは翌日には退院しました。
気になる費用ですが、入院代込みで7〜8万円です。
うちはアニコム保険適用で39,000円くらいでした。

術後、傷を舐めないようにエリザベスカラー(首わっか)を
抜糸まで着けます。
退院後も10日間ケージレスト[ケージから出さない]です。
痛み止めと抗生物質を服用しながら安静にさせます。

手術後10日経って抜糸後はケージから出してもOKですが、
もちろん走ったり段差はNGです。
骨と膝蓋骨が安定する1ヶ月半〜2ヶ月は安静に。

マリンのように両足脱臼の場合は片足を手術したなら
必ず両足手術するようにしましょう。
(片足だけだと手術していない足に負担がかかります。)

ニックネーム タマさん at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 膝蓋骨脱臼とは・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いきなりすいません。ホームページを拝見したのですが、膝蓋骨脱臼の手術がアニコムは保険適用されたとのことですが、詳しく教えていただけないでしょうか。今子犬の保険をどれに入ろうか迷っていまして、小型犬なので脱臼が心配で。しかし、結構保険業者によって書いてあることが違うのでとても迷っています。よろしくお願いします。
Posted by 愛 at 2009年11月11日 02:34
愛さんへ

こんにちわexclamationタマさんです。
現在こちらのブログは終了していますのでお返事が遅くなって申し訳ありません。
アニコム保険に関しては、アニコムHPから質問したほうが
よりわかりやすく思います。
現在、ウチは保険に入ってませんので、新しい制度などに関してはわかりかねますので。
参考になると嬉しいです。
Posted by タマさん at 2009年11月24日 15:59
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/7409

この記事へのトラックバック