2005年06月03日

膝蓋骨脱臼マメ知識

 
マリンの患っている膝蓋骨脱臼について詳しくお話しましょう。

膝蓋骨脱臼とは、膝の関節が外れて歩行障害などになってしまう
病気で、小型犬に多い病気です。

普通、犬の膝の骨は間接に溝があり、そこに十文字の筋と
膝のお皿がはまっています。
チワワなど小型トイ犬種は、骨が小さい上に骨にある
溝が浅いためにちょっとの衝撃で外れやすくなっています。

外れる度合いによってグレードT〜Wまであり、場合により痛みや
違和感を伴います。

 T・・・たまに外れるけど膝の曲げ伸ばしなしで
     元の位置にはめ直せる。
 U・・・たまに外れるけど膝の曲げ伸ばしで自力で
     元の位置にはめ直せる。
 V・・・普通に立っていても常に外れた状態。
     飼い主や獣医が手で動かすと元の位置に
     戻すことが出来る。
 W・・・膝は常に外れた状態。手で動かしても元の位置に戻らない。


予防としては、
・フローリングの床はなるべく避ける。
・高いところからの着地やジャンプはさせない。
・足の裏の毛をまめにカットする。

などが有効です。
また、無理な繁殖などで先天的に溝が浅くなっちゃった子も
多いそうですよ。



注:
上記はタマさんの知識+飼育本などの解説を参考に記入しました。
その他の症状もあるかもしれませんので、気になる際は
うのみにせず、専門の獣医師や動物病院に診察してもらいましょう。



ニックネーム タマさん at 14:54| Comment(10) | TrackBack(0) | 膝蓋骨脱臼とは・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めましてこんばんわ!!

我が家のヨークシャテリアも後ろ足(両足)なんですが、獣医さんにはずれています。と指摘されてしまいました。ですがしばらくは外来で様子を見ましょう!とのことでした。
この記事を読んでいてとても参考になりました。ありがとうございま〜す(*^^*)
Posted by ノア&モカママ at 2005年09月30日 20:04
・・・・・・・・・・・・・・・・

ノア&モカママさん>

初めまして☆脱臼の記事、以前のCSSで書いた
ものなので、文章が若干読みにくかったので
ごめんなさい!!!
膝蓋骨脱臼について、少しでもお役に立ったようでよかったです。

うちのマリンは、右足は手術しましたが、
左足は「筋肉がついてきているから、このまま
筋肉で脱臼をカバーしていきましょう」と
言われ、手術なしのままです。
脱臼していても一生元気でいる子もいっぱい
いるそうなので、気長に付き合っていきましょう!
これからもよろしくです☆

・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted by タマさん at 2005年10月01日 12:15
はじめまして、8ヶ月になるチワワまりんのママです。昨日、膝蓋骨脱臼ステージ2.5と診断されました。少し様子みてから、手術の検討をと言われていますが、このまま手術なしで何とかいけるようにと脳幹活性ペンダントやら、サプリなど調べまくっているところです。まりんは、痛がる様子も無く元気いっぱいなのが、救いです。
Posted by たれみみまりん at 2006年06月15日 11:22
・・・・・・・・・・・・・・・・

タマさん>

たれみみまりんさん、こんにちわ☆
まりんちゃん、脱臼なんですね。。。
ステージ2.5で痛がらないということは
歩行には支障はないんでしょうかね???
脱臼の手術に関してはワンちゃんの体重や
運動の頻度・性格に加え、飼い主さんや獣医さん
の考え方によって必要かどうかが変わってくる
ので、獣医さんにしっかり相談して判断して
あげてくださいね。

サプリなどをお探しのようですが、マリンの
手術を受けた病院では「コンドロイチン」と
「アスコルビン酸」という成分が、犬の
関節の潤滑をよくすると聞きました。
(人間用の関節潤滑剤にも含まれています。)
うちもそれらを含んだサプリを病院で
頂いています。
他にもサメ骨などのおやつでもそういう成分の
含まれたものがありますので、一度探して
みてはいかがでしょうか???

脱臼とは長い付き合いになると思いますが、
手術をする・しないに関わらず、
まりんちゃんと楽しい時間を過ごせるように
祈っておりますm(__)m

・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted by タマさん at 2006年06月15日 12:14
ありがとうございます。
今は、痛がることもなく歩行も見た目普通に歩いているように私には見えます。
ソファーにも登り降りも普通にします。なので、もしかしたら誤診?と思い別の獣医さんへ・・・そこでも同じ診断でしたので、間違いないのかなと思います。外科的なもので治す以外無いですと言われたのですが・・・。今出来る限りのことがしてやりたいと思っています。さっそく鮫軟骨など今日買いに行きますね。獣医さんとも相談して、サプリも飲ませたいと思います。 

Posted by たれみみまりん at 2006年06月16日 12:59
・・・・・・・・・・・・・・・・

たれみみまりんさん>

うちのマリンも左はまだ脱臼した状態ですが、
歩行やお散歩は普通に出来る状態です。
ただ、脱臼自体を完治させるには獣医さんの
おっしゃったように手術を受けるしかないと
思います。
しかしながら、手術を受けなくても生活に支障が
ないのであれば無理に手術を受けないで、様子を
見るという選択肢もあるのは事実です。

ただ、その場合は飼い主さんも細心の注意が
必要になると思います。散歩はもちろん、
膝の負担を除くことを最大限に考える必要が
あります。(もちろんベットやソファーに
飛び乗る・立ち歩きなども×です)
もしたれみみまりんさんやまりんちゃんがそれに
ストレスを感じないのであれば、獣医さんと
相談してそれでも構わないと私は思います。

やはり手術はマイナスイメージも多々ありますが
それ以上に手術で得られるプラスのことも
たくさんあると思います。
情報を集め、獣医さんとも充分相談してみて
ください。たれみみまりんさんとまりんちゃんにとってよりよい方法があるといいですね!

・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted by タマさん at 2006年06月16日 22:21
まりんにとってどれが、一番良い選択なのか悩むところですが情報を集め獣医さんと相談しながらマリンと頑張っていこうと思います。アドバイス本当にありがとうございました。(また報告させて頂きます)
Posted by たれみみまりん at 2006年06月19日 09:40
・・・・・・・・・・・・・・・・

たれみみまりんさん>

そうですね!ほんとみんなが幸せに暮らせるよう
頑張ってくださいね!(^-^)v
また何かありましたら、いつでも書き込みして
くださいね!メアドも公開してますんで、
そちらでも結構ですので☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted by タマさん at 2006年06月19日 22:46
タマさんへ
以前ご相談したまりんのご報告です。 
9/2 手術(膝に金属のプレートを入れる)しました。 おかげさまで順調回復中です。短く毛を剃られた細い左後足に16針の跡が、痛々しいですが元気です。まだ1歳前で、元気なうちにと、手術を勧められてから決断まで3ヶ月もかかりました。その間痛い思いをさせてしまったのかと思ったりしています。すっかり甘ったれになったまりんですが それもまた今は嬉しいダメママです。太らないよう足に負担かけないように、一緒にがんばります。
Posted by たれみみまりん at 2006年09月15日 10:15
・・・・・・・・・・・・・・・・

たれみみまりんさん>

お久しぶりです☆
まりんちゃん、ついに手術したんですね!
決意するまでには時間はかかりますよね。
ブログのお友達でも悩んだ末に手術して
今完治するまで養生してますよ☆
傷跡はかなり痛々しいけど、抜糸して
毛が伸びるとほとんど目立たなくなりますよ!

これからは体重のコントロールが必要ですね☆
術後はものすごくハードな運動以外は普通の
生活が送れるし、完治したらいっぱい散歩や
お出かけを楽しんでくださいね♪

報告嬉しかったです!ありがとう☆ミ

・・・・・・・・・・・・・・・・
Posted by タマさん at 2006年09月16日 15:35
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/5927

この記事へのトラックバック