2005年06月08日

初!抱っこ散歩に挑戦!!

今日は、もうすぐ散歩デビューのさんごを連れて、
午後から『だっこ散歩』に行きました。
マリンの散歩コースの近くの公園まで徒歩5分。


05-06-08_14-57.jpg かばんから顔を出し出し・・・

05-06-08_14-59.jpg シャキーーンぴかぴか(新しい)どうよ??イケてるでしょ手(チョキ)

05-06-08_14-39.jpg えったらーっ(汗)今どうゆう状況???

05-06-08_14-40.jpg 初めてのお外にドキドキ・・・揺れるハート

05-06-08_14-40~00.jpg 緊張・・・でも風が気持ちいぃ〜かわいい

05-06-08_14-43.jpg 公園到着ぅ晴れタマさんのお膝でまったり黒ハート


途中、通りかかりのおばさんが「かわいいねぇ〜」
と声をかけてくれました。
チワワ連れで散歩に行くと、大体、
「かわいいねぇーー。」
「ちいさいねぇーー。」
「これ以上大きくならないの??」
って言われますね。

1回、幼稚園帰りの子供が
「あーーっぴかぴか(新しい)ネコぉーー猫
って間違えてましたふらふら
お母さんに
「こらっexclamationイヌでしょむかっ(怒り)
って訂正されてましたけど(笑)

ともあれ、またいこうね、さんご黒ハート









ニックネーム タマさん at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脱臼で悩む方達へ

膝蓋骨脱臼って大変です。
今、おうちのワンちゃんが膝蓋骨脱臼で、手術を受けるか
迷っていらっしゃる方もおられると思います。
私とコウさん、そして獣医さんからの説明などから
手術を受けて思ったことを・・・

@信頼できる病院に依頼する!
 →絶対条件で、最低条件です。
  マリンの病院では手術の方法〜費用まできちんと
  説明してくれたし、手術の回数や経験も豊富なようでした。
  麻酔をかけてする手術です。病院選びも大切に!!
  また、気になることは何でも質問しましょう耳

A「かわいそう」に負けない気持ちを!! 
 →術後、膝の縫合痕は結構大きく(3pくらい)、しかも
  けっこうなまなましいですもうやだ〜(悲しい顔)
  でも「かわいそう」と首わっかを取ったり、自由に歩き回らせたり
  散歩に出したりするのはご法度!傷が開いたり、場合によっては
  再手術になりかねません。かわいそうでも、心を鬼にして
  獣医さんの指示に従ってくださいね。

Bワンちゃんの変化を見てあげれる人が必要です!
 →マリンも、術後吐いたり、食欲が落ちたり、足に赤みが出たり…と
  いろんな変化が出ました。
  ワンちゃんも、手術や慣れない片足生活でストレスが溜まります。
  また手術の影響などから皮膚に異常が出たりする事も考えられます。
  なので、なるべくそばにいて見てあげてください。
  気になることがあれば、病院にすぐ連れて行ってあげてください。

C治るのもいいけど、治らなくても大好きでいてね。
 →簡単に手術といっても、犬・人間双方に大きなことです。
  手術費用も結構バカにならない額ですし、麻酔も100%安全とは
  限りません。
  スタイルが正常なのがいいに越したことはありません。
  でも、膝蓋骨脱臼は体重管理をしっかりし、過度の運動を避ければ、
  一生そのままでも問題なく生活できる場合もあります。
  (もちろん手術する方がいい場合もあります。)
  しっかり悩んで、いっぱい相談して、ワンちゃンにとって
  一番いい方法を取ってあげてほしいです。
  私達は頑張って手術したマリンをとっても愛しています。



えらそうなアドバイスですみませんたらーっ(汗)
でも、私とマリンの経験や、アドバイスで、
少しでもおうちのワンちゃんの膝蓋骨脱臼に悩む
飼い主さんのお手伝いができたらなぁと思います。
飼い主さん、そしてワンちゃん!
脱臼に負けず毎日を楽しんでねかわいい

  
  
ニックネーム タマさん at 12:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 膝蓋骨脱臼とは・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膝蓋骨脱臼の手術

膝蓋骨脱臼の手術はなかなか大変です。

まず、膝の関節部分を切開し、骨の溝を深く削ります。

削る深さは、その犬の元々の溝の具合にもよりますが、
執刀医の先生曰く、マリンの場合はその溝が
「すごーーく浅かったので結構削りました。」との事。
DSC00591.JPG

そして、外れている膝蓋骨をより正常な位置(膝中央部)に
戻す処置をします。
膝蓋骨を支える上下左右の筋を縫い縮めたり、テンションを
加えた状態で、筋をピンで骨に固定します。
筋に、ある程度の引っ張りが加えられているので、
より外れにくくなります。
DSC00592.JPG

検査等があるため、手術前日は早めに食事を取らせ、
当日は朝から絶食させます。(水はOKでした。)
病院にて問診、血液検査などが行われます。
(レントゲンも撮るみたいですが、マリンは以前から
 脱臼の治療をしており、レントゲンも撮影済みだったので
 当日は撮影しませんでした。)

手術は1日で終わり、大体1時間半〜2時間くらいです。
病院によっても異なりますが、1日〜1週間入院します。
マリンは翌日には退院しました。
気になる費用ですが、入院代込みで7〜8万円です。
うちはアニコム保険適用で39,000円くらいでした。

術後、傷を舐めないようにエリザベスカラー(首わっか)を
抜糸まで着けます。
退院後も10日間ケージレスト[ケージから出さない]です。
痛み止めと抗生物質を服用しながら安静にさせます。

手術後10日経って抜糸後はケージから出してもOKですが、
もちろん走ったり段差はNGです。
骨と膝蓋骨が安定する1ヶ月半〜2ヶ月は安静に。

マリンのように両足脱臼の場合は片足を手術したなら
必ず両足手術するようにしましょう。
(片足だけだと手術していない足に負担がかかります。)

ニックネーム タマさん at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 膝蓋骨脱臼とは・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする