2005年06月04日

注射のトラウマ?

今日も午後からコウさんの実家に
さんごを連れて遊びに行きました。

今日は土曜なのでコウさんお母さんだけじゃなく、
お姉さんとお父さんもご在宅でした。
お父さんは趣味の競馬に興じながらも、
「えらいまたちっちゃいなぁーーーひらめき」と
驚いてらっしゃいました(笑)

さんごは家中走り回ったり、持参したおやつの
グリニーズを食べたりと相変わらず大はしゃぎ車(セダン)
お姉さんにもいーーっぱい遊んで、挙句にはお姉さんの
お尻に乗っかってまったり黒ハート
おいおい・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)


・・・で、突如「しぃ〜トイレ体制」になったので、
シートの上に移動させようとだっこをしようとしたら、


「キャン!キャン!!」


えっexclamation&question私、なんかしたexclamation&questionexclamation&question
プルプルおびえてコウさんの元へ・・
全員硬直・・・また怪我させたかも・・・私バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
・・・・・でも数分後には元気。んーーー????

で、またまた数分後にタマさんが抱き上げようとしたら、


「キャンキャン!!!」


でも、まったく同じ抱き方をしても、
おかあさんやコウさんにはまったく吠えない。

で、気づきました。
どうも、まったりしてたさんごを急にだっこしたため、
驚いたのと、昨日注射を打った体制とおんなじような
抱っこの仕方だったよう。。。
そのためすんごく怖がったみたいもうやだ〜(悲しい顔)

驚かせてごめんね。でもこっちもびっくりしちゃったよぅたらーっ(汗)たらーっ(汗)

05-06-04_15-26.jpg
↑お姉さんのお尻でおやつを食べるさんご。
この後お母さんとお姉さんのプチ撮影会になりました。

ニックネーム タマさん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホワイトボード

DSC00555.JPG

マグネットでくっつくホワイトボードです。

ロフトで¥900くらいで買いました。

うちの冷蔵庫に貼っていて、メモ代わりや、

コウさんへのメッセージをよく書きます。

「仕事お疲れさま」「誕生日おめでとう」から、

「明日さんごのうんち持っていく」まで、

とっても重宝します。




ニックネーム タマさん at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 二人の癒され★グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふたりのおうち

DSC00554.JPG

青いのはマリンのおうち。

黄色がさんごのおうちです。

小さい頃マリンはケージの中のベッドを

なかなか気に入ってくれず、

いつもケージの隅っこで寝てました。

3代目のベッドはコウさんが購入。

このおうち型が気に入ったのか、

ちょっと狭くなった今でも、

くるっとまるまって寝てます。

さんごにも色違いを買ったのですが、

なぜかケージの隅っこが好きなようで、

自分からはたまにしか入りません。

でもふと見ると、中でスースー寝てます。
ニックネーム タマさん at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 二チワのラブリー☆グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリンの脱臼

マリンの場合、6ヶ月の頃にタマさん実家に遊びに行ったとき、
ちょっとだけフローリングで遊んだ日の夜、異変に気づきました。


「あれ??この子後ろ足の左のほう足浮かせてる??」

痛みもないみたいなのに?? でも次の日もたまーーーに
足を浮かせるので病院に行きました。


『膝蓋骨脱臼ですね。グレードは2〜3くらいかな。』


脱臼・・・がく〜(落胆した顔)ショックでした。しかし、獣医の先生から、


@歩行が出来て痛みを感じていないようであれば特に問題ないので、
 肥満や過度の運動に気をつければ、一生そのままの犬もいる。
Aマリンの場合、歩けるし痛みもないようである。
Bサプリメントで多少骨の潤滑を良くすることも出来る。
Cグレード2や3で手術になるが、マリンの場合まだ小さいから
 麻酔の危険も気になるかも?



と説明され、獣医さんやコウさんとも相談の結果、
サプリの摂取を続けて様子を見ることにしました。

・・が、マリンは小さい頃から走るのが大好き。
こっちが気をつけてもなかなか制御できるもんじゃない。
そうやって悪戦苦闘しているある夜、マリンが私の持っている
おもちゃを取ろうと不意にジャンプ!!!!
「あっ!!!」と思ったときには時すでに遅し。
「キャン!」という鳴き声とともに、案の定着地失敗。
翌日、速攻病院インしました。


『あぁ・・・・右足も脱臼しちゃったみたいですねぇ・・・』
『グレード3、4です。
 これは手術も考えていかなきゃいけませんね・・・』



がーーーーん・・・がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)またまたショック・・・
それでも、やっぱりマリン自体は全く気にせず、普通に歩けるようで、
歩けるのなら…とまた少し様子を見てみることにしました。



しかし、足の調子が悪そうな時は散歩を控え、走るたびに
「ダメダメ!!!」と抑えるのは犬も人間もストレスになっていきます。
そのうえ、4月からさんごを飼うようになって、一緒に遊ぶうちに
興奮してきて、走ったり跳んだりが増えて右足がプルプルしちゃったり・・・
「さんごはよくてなんで私は走っちゃダメなの??」ってしょげてる事が
多くなりました。


コウ「このままずっと抑えるのは難しいなぁ・・・」
タマ「マリンにも、もっと走ったり散歩したりさせてあげたいなぁ・・・」
コウ「手術・・リハビリとか大変やけど、してあげよっか・・・」

タマ「私もずっと家にいるし、頑張るからパンチ
コウ「わかった。みんな大切な家族やし頑張ろうexclamation×2

獣医さんと相談の結果、5月30日に手術をすることになりました。







ニックネーム タマさん at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 膝蓋骨脱臼とは・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする